ココロのこと

立ち止まることを恐れない

ブログ開始から一か月。
わたしは、二・三日に一度の更新を目安にしていこうと思っていました。

しかし、前回ブログを更新してから一週間
ブログ記事を書くことができていません。

この間の状況で
「止まっているように思えることにも意味がある」
ということを実感したので、シェアしていきたいと思います。

順調に過ごせていた日々

元々早起きが苦手なわたし。「朝活」に憧れをもちつつも、早起きに関しては何度も挫折してきました。
そんなわたしが、三月の春分の日を境に、人が変わったように「四時起床」ができるようになっていました。
子どもたちが起きる前にリビングのリセットができたり、自分の支度、中国語の勉強ができる。
理想的な生活を送れるようになり、とても気分良く過ごすことができていました。

生活リズムの崩壊

そんなある日。

「眠い・・・眠い・・・」

四時に目覚ましが鳴っても起きられない。
結局起床するのは、夫をお送り出す準備をするギリギリの六時半。
まぁ一日くらい、そんなこともあるかと思いきや
翌日も、またその翌日も・・・。
しかも、日中も眠くて、遊んでいる子どもを横目にウトウト…なんていうことも( ゚Д゚)

「生きていること以外すべて停止」

とさえ感じるような状態でした。

わたしがしたこと

このような変化があって、初めは戸惑いました。
「せっかく良い生活習慣がついてきたところだったのに」「ブログもう3日空いちゃうよ」という思いも湧いてきました。

ブログに関していえば書きたいテーマはたくさんありました。しかし、合間を見つけてパソコンの前に座っても、まったく手が動かないのです。
今はなにを書いても自分の「好き」のエネルギーが入らないな、そう思い、ブログの更新にこだわるのはやめ、
ブログ以外にも、湧いてくる感情を一つずつ受け止めながら自分の様子を観察することにしました。

気分に身をゆだねる。

わたしがしたこと。簡単にいえば、これだけです。

眠気やだるさなど、生理的・身体的な反応は、体が強制的に休むように自分に教えてくれているものだと聞いたことがあります。
このような反応は他人からみると「だらけている、甘えだ」などと捉えられがちで、ともすれば自分でさえ自分に「NO」を出して、今の気持ちを無視して無理をしてしまいます。かつての私がそうです。
しかしわたしは今回「湧いてきたものに身をゆだねる」ことに決めました。結果どうなるか、なんとなく知っていることを体験してみたいと思ったからです。

見つめて、許したうえで降参する(手放す)

「子どもたちが寝ている間にブログを少しでも書きたいよね、夜ご飯の準備もしたいよね。でも、休んでも大丈夫だよ。」

そう自分に声をかけてあげました。
自分が許すこと、自分への信頼は、何て安心できて、心強いんだろうか、と実感しました。

そして、どうなったか

こんな状況が始まって一週間。
思ったよりも早く、自分の中でなにかが変わった感覚を持っています。
(感覚としては、すごーーーく長いですが)

具体的には
◎久しぶりに5時台にスッと起きれたこと。今現在眠くない。
そして
◎出てくる、出てくる。アイデアが泉のように溢れ出てきていて、必死にかき集めています(笑)

自分の思い・価値観を再確認したその先に

一見「止まっている」ように見えること。それは、次のステージに変わるために起きているのかもしれません。
そこで、抗わずに身をゆだねること。恐怖心なく、それができるかどうか。
わたし自身、初めに沸いた気持ちを感じてからはとてもフラットな気持ちで、日々の練習の賜物だなぁと、自分に感謝しています。

わたしのように、せっかちで、常に何かしていたい人にとっては「止まっているように見えること」は、かなり苦しい状況かもしれませんが、そんなときに「ふと」思い出していただければ嬉しいです(*^^*)

今日もお読みいただきありがとうございました♡

-ココロのこと
-, , , , , ,

Copyright© 日日是好日 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.