2児のママ

幼児の眼科検査と、近視について

幼稚園での眼科検診で、かかりつけ医への受診を勧められた娘。

今まで「目が見えにくい」と言ったことはなかったし、3歳児検診での自宅検査でも問題なく、夫と「まさか~(笑)」と言っていました。

かかりつけ医からの返信が必要だったので受診すると…

受診

久しぶりの眼科。
今まで、目のデキモノで受診したことはあったけど「視力検査」は初めて。

予約したにもかかわらず、なかなか呼ばれない…。
眼科で予約より優先されることってなんなんだ…と思いつつ、一人で大人しく椅子に座っている娘に感心。
ときどき「ママ」と、耳を貸すように私を呼んで「呼ばれないね」と小さな声で言う娘にキュン♡
わたしが話しかけようものなら「ママ、しーっ」だって。素晴らしい。

そんなこんな、娘の姿に浸っているうちに順番に。

検査内容:機械と視力検査

まずは、機械の中をのぞく検査
あの、長い道の先に気球?が見えるやつ。

わたしの膝に座ってもギリギリで、おでこが機械に当たらん!!
椅子に座った状態で持ち上げるの地味に疲れました。

そして、お次はいよいよ視力検査
家で測るとき、全く問題なかったので、できるかどうか、それは心配していませんでした。
案の定、指示に従って指で方向を指していく娘。
看護師さんが「4歳でこんなにちゃんと測れるなんて、すごいです!」って言ってくれました。(すみません、言いたくて。)

ただ、やっぱり結果は 右眼が0.7ほど。

診察

お次はドクターの診察。
わたしもお世話になっている病院なのですが、きっちり説明してくださるので信頼している先生です。

〈内容要約(あくまでも、先生の話を聞いてわたしが理解したことです。途中質問したりもしています。)〉

〇4歳でこんなにしっかり測定できることは なかなかない(←言いたい)

〇近視になりかけ(仮性近視 というものでしょうか)
⇒近くのものにピントを合わせようとする傾向にある。(これが、固まってしまった状態が近視?)
視力検査は、初め裸眼→徐々に度を調節→最後にはまた裸眼で測定している とのこと。
最後の検査では、1.0~1.5まで見えている。つまり、すぐに遠くにピントを合わせるのが難しい状態 ということでした。

〇テレビはあまり関係ない。手の伸ばした範囲くらいのものを見続けるのが問題。
最近ではスマホを触る低年齢化で、珍しいことではなくなった。でも、原因はスマホだけではなく、近くで本を読んだり、手先の作業に集中するなどたくさんある。子どもは集中しやすいので、親が気を付けていないと、同じ姿勢での行動を続けてしまいがち。

〇遺伝的なものもある

〇眼鏡をかける必要があるのにかけないのは、余計に目に負担がかかった結果、脳に影響を及ぼすこともある。
ぼんやりした景色が常に脳に送られることで機能低下し、放っておくと眼鏡をかけてもはっきりと見えなくなってしまう。これが原因で、一生車の運転ができない人もいる。付けるべきときに眼鏡を付けることが重要

方針:いずれ眼鏡は使用しなければいけないだろう。ただ、それを「少しでも遅らせる」ためのことをやっていきましょう。

〇点眼という治療もできるが、まだこの年齢ではあまり使いたくない

〇しばらく、遠くのものにピントを合わせる練習をしましょう
家にいる間は、30分に1回、30秒ほど3mくらい先を見るようにする。30分はすぐなので、タイマーを使うと良い。

半年後に再検査ということで、薬の処方はなく帰ることとなりました。

わたしの本音

正直言うと、内容と先生の雰囲気から「これは大ごとなんだ」だと感じました。(冒頭に触れましたが、すごく軽い気持ちで受診しました)
そして自分に対する「ショック」
娘は、ときどきスマホでYouTubeやアプリを見ることがありますが、それが原因でこのようになる程とは思いません。
だとしたら、積み木やお絵かき?もしかしたら、公文で勉強していたからかな。そういえばあまり外遊びをしていなかったな…。
小学校に入るまでに眼鏡になる可能性もあるってことか。
まったく予期していない事態に、自分が原因を作ってしまったのかもしれない…と自分責めの沼に陥りそうになりました。

今できること、やるべきことをやる。その結果を受け入れる。

娘に説明をし、その日から定期的に目の訓練をしています。
夫もかなりショックだったようで、積極的にやってくれています。
正直、30分なんてすぐきてしまうので、半年も続けられるかな…という不安があるのですが、とにかく今できることをするしかありません。

娘は、「目のためにやるべきこと、やらないべきなこと」を理解してくれているようで、訓練にもすぐ付き合ってくれるし、「スマホは見ない」と自分で決めました。

もちろん、補助なしに自分の眼で ものを見れるに越したことはありません。

ただ、「眼鏡を付けることが悪いこと・可哀そうなこと」でもないことは、そのときにはしっかり伝えたいと思っています。

先生が言われていた「できるだけ遅くする」というのが「小学校になるまで」なのか「中高生まで」なのか、聞いていないのでわかりません。
中高生なら、周りで眼鏡を付けている友達もそれなりにいるでしょう。
ただ、小学校・入学前であれば、明らかに少数派だと思います。
「人と違う」ことで消極的になってしまったりしたら悲しいな…と、今から未来のことを考えても仕方ないのですが^^; 深く考えるところが出てしまいます。

目が見えにくいと生活が不便になる。それを補ってくれているのが眼鏡で、とっても有難いこと。(受診のあとに一度話しました)
周りが付けていなくても、「あなたはあなた」。
それをきちんと伝えたい。
もちろん、受け入れるのは本人なので、もしそうなったときにはできる限りのサポートをする。

今は、できるだけ補助なしで見れる時間を多くするために、今わたしにできることをする。

今回のことで、さまざまな思いが巡りましたが、深く考えすぎても仕方ない(←やりがち)。
まずは先生に言われたことを、次回の検査までしっかりと続けていき、普段の生活でも、外に出て過ごす時間を増やすとか、工夫して過ごしていこうと思っています。

また、この件について調べたこと、後のエピソードを残していくかもしれません。

今日も、お読みいただきありがとうございました。

-2児のママ
-, , , , ,

Copyright© 日日是好日 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.