お金について 2児のママ

【おすすめ絵本3選】就学前のお金の教育

こんにちは^^

今日は、わが家で子どもたちと楽しんでいる「お金」にまつわる絵本についてご紹介します♪

■ こんな方へ♡
☑わが子にマネー教育をしたい
☑未就学からできることを知りたい
☑親の私が、実は「お金」についてよく知りません
☑わが子には「お金」に困らない子になって欲しい

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

■ 記事を書くひと
☑ FP2級資格保持
☑お金と仲良しになるためのマインド発信中

お金の基本を一緒に考える:「ものの価値」「選択すること」

主人公は、うさぎのサニー。

うさぎのくにでは にんじんがお金です。

サニーには欲しいおもちゃがたくさんありますが、おこづかいの「にんじん3本」を使って おもちゃを買うまでを描きます。

お金の基本中の基本を小さい子どもたちと一緒に考えられる、子ども向けお金教育の1冊!

お金を使うって、思ったより難しい。

だけど、その過程がとっても大切で、自分にとって大切なものに気づきます^^

↓「つかう」ことの その先

おかねをかせぐ! 生きるのにかかせないお金のはなし (子どもにしっかり教えたいお金のこと はじめてのお金教育えほん)

お金の役割や、ものの値打ちについて考える

コンビニで おかしをおねだりしたら「100円までよ」っていわれた。100円ショップに行ったら、なんでも 100円だった。 

じゃあ、とよそのおみせでは 100円で なにが かえるのかな。

ぼくと おかあさんは しょうてんがいにいって しらべてみることにした。

絵本カバー内側より引用

なかには、同じ商品が違う値段で売られていることも。ものの価値は、産地によって、場所によって違うことにも気づきます。

世の中で売られているものは、「誰かに決められた基準」で価値が決まる。

世の中の仕組み、ですよね。

ひとは「これがたったの100円?」といってレジに持っていく。でも、「これが100円?」となればレジにはもっていかない。

本文より引用

↑この一文がとっても印象的です。

年長から小学生くらいで「お買い物をしたい」お年頃の子どもたちに♡

わが家の年長の娘も、何度も読みたがります^^

お金や、仕事に対する根本:わが子に伝えたいマインド

仲良し3人組が、パパの仕事を見に行くと、お金が支払われる場面に出くわします。

お金を支払う人も、受け取るパパも、「ありがとう」と言ってニコニコ。

人が喜んでもらうことをしたときに、対価としていただけるのがお金。

「お金を支払う」ことも「お金を得る(稼ぐ)」ことも、ベースは『感謝』

その本質を、わかりやすく伝えられる一冊。

じぶんもはやく「ありがとう」といわれるしごとがしたいなぁ。

本文より印象

仕事に対してポジティブなイメージもつことで、大人になることに希望や期待も持てますよね^^

「大人って素敵だよ」っていうことも、伝えてあげたいです。

ママが読み聞かせたときに「お手伝い」の流れが出てくるのが、個人的に違和感なのですが^^; その後の着地ポイントが好きなのでサラッと読んでいます。

パパに読んでもらえたら嬉しいかも!笑

親子で「お金」についか考えるきっかけに

昨今は、お金に対してポジティブなイメージをもつ人も増え、「お金の教育」についても注目が集まっています!

「お金」って、寂しがりやなので、「あるところ」「素直に受け取ってもらえるところ」に集まる性質があります。

「お金で困らない子に」

ぜひ、ご家庭で「お金」について考えるきっかけになれば嬉しいです^^

さいごに:価値観ができあがる時期に様々な体験を

「ありがとうのお金」のあとがきにこうあります。

人の考えや価値観が出来上がる時期は0歳~7歳ごろまでといわれていますが、この時期に身についた考え方や価値観は大人になってもほとんど変化せずに成長していきます。

「ありがとうのおかね」あとがきより引用

ぜひ、この時期の間に、色々なことを体験させてあげたり価値観に触れさせてあげたいですね^^

。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。・゚・。

本日もお読みいただきありがとうございました♡

愛と感謝を込めて。

-お金について, 2児のママ
-,

Copyright© 日日是好日 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.