発達・知育玩具 2児のママ

【0歳、1歳、2歳の発達】叩く、投げる、に困ったときに「おもちゃ」の出番です!

あなたは、おもちゃを買い与えるとき、どのような基準で購入していますか?

●安さ?
●CMでよく見るもの?
●ネット検索やお友達からの口コミ?

いろいろな判断基準があると思いますが「子どもの発達」という基準でおもちゃを選んだ時、
もしかすると それは、育児の心強い味方になってくれるかもしれません。

 記事を書くひと:看護師、保健師資格     

こんな行動にお困りではないですか?

1歳を過ぎたころ、大人を悩ませる子どもの行動の一つに、「物を投げる、たたく」ということがあるかもしれません。

●せっかく作った離乳食を投げる
●おもちゃを投げる
●スプーンで食器や食卓を叩く

など。
気に入らないことがあって癇癪を起していたり、気に入らないものを投げたり
明らかな原因がわかることもありますが、時には、こちらの反応を楽しんでいるな、と思ってしまうような行動も見受けられます。

大人視点と子ども視点

そんなとき、
「もしかしたら、乱暴にな子になってしまうかもしれない」
不安になってしまうこともあるでしょう。

「しつけを始めないといけないのか」
考え始めるかもしれません。

ものを投げる、叩くということ

1歳ごろから見られるこの行動。

しかし、これは「次の発達に向かっている」まさに、その行動なのです。

ねんね期から寝返りをし、ずりばいをしてハイハイをする。そしてお座りができるようになり、視界が一段と広がります。

1歳ごろだと、つかまり立ちをしたり、もしかすると歩けるようになる子どももいるかもしれません。

肩や腕を使うようになった赤ちゃんは、その先の肘・手先にも意識が向くようになります。

大人の反応が混乱を生む

「物を投げる」ということは、肘を使えるようになりつつある、という成長のあかしなのです。

「叩いたら音が出るな」「もっと振ってみよう」

子どもは、好奇心でいっぱいです。

そんな、ワクワクのなかでの、大人の「ダメ!!!!」

「つかまり立ちをしたときには あんなにニコニコ喜んでくれたのに、なんで?」

子どもにとっては、どちらも「次の発達へ進む過程の一つ」

だけれど、大人にとっては「嬉しいことと、困ること」

まさに、この大人の行動が、子どもに混乱を与えるのです。

叩くおもちゃ

じゃあ、どうしたらいいの?

そんなときに、おもちゃの出番です!!

『どこでもかしこでも叩くのはダメだけど、ここはいいよ

こうして、はっきりと線引きしてあげることで、子どもの混乱が解消される手助けになります。

また、そのときの発達的欲求が十分に満たされると、安心して次の段階に進むことができます。

MICKI/ミッキィ社 ノックアウトボール

この おもちゃで育つもの

2歳。ボールを狙って叩きます。

●肘から手首の動き

●できた!の達成感

●欲求が満たされる、満足感

●手と目の協調性

●「ルール」という親子で共有するもの(言葉)   

おもちゃを上手く使って、より楽しい子育てを

「ノックアウトボール」

自分で叩くなら1歳ごろからですが、お座りができるようになったら

最初はハンマーなしで

①つまんではめる
②大人が玉を押して落とすのを見せる=いないいないばぁ のように遊んであげる

ことができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慌ただしく過ぎていく毎日。

なかなかポジティブにばかりはいられませんが、子どもの良いところ、をたくさん見つけてあげられるよう、少しでも自分に余裕をもてるよう意識したいです。

☟楽天ルームにて、知育玩具、絵本をご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください♡

☟本日、ご紹介した玩具

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

愛と感謝を込めて♡

-発達・知育玩具, 2児のママ
-, , ,

Copyright© 日日是好日 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.