ココロのこと

世界を創っているのは自分

3年前、わたしが宇宙の仕組みに興味を持ったとき

一番熱心に参考にさせてもらったのが、当時のHappyさんでした。

Happyさんの「宇宙理論」がすごくしっくりきて、自分を許可するという視点、財産をいただきました。

👇Happy YouTube(公式のようです)👇

宇宙界隈では知らない人はいないと思いますが(怪)、今の現実を変えたいと思っている方、必見です!!

去年、活動の場をクローズに移されたのをきっかけに目にする機会が減っていたのですが

SACHI(HAPPY)さんとしてまた公の場で発信されるようになり、主にInstagram(@sachihappy2020)の発信をまた見させていただくようになりました。

『世界は自分で創る』

Happyさんが提唱されているこの言葉(元はエイブラハムかな?)は

きっと誰しもが一度は抱える世の中の不条理さや、逃げたくなる現実の本質をついていて、大好き。

簡単に言うと、目の前の現実を創っているのは自分だということ。それぞれがもつ前提や設定によって、同じものを見ても人によって捉え方が違いますよね。

3年間、フォーカスするところを意識してきました。

基本的に好きな人とだけの世界に生きていたので、あまりにもストレスがなくて違う自分に生まれ変わったんじゃないかと勘違いしたけど

やっぱりただの❝内向的❞じゃなくて❝HSP気質をもっている❞ことに降参した最近。(気質は変えることができない)

自分と外側が一緒になりそうになったとき、正気に戻れるきっかけを与えてくれる言葉です。

(究極は自分と外の隔たりはないんだけど、HSPにとってはこの意識も重要なのです。)

ダラダラ長くなるので、ぜひYouTubeを!!

公式には以前の動画がなく、とても貴重なものをupしてくださっているチャンネルがあるのでご紹介しておきます。

【Happyちゃん】神回 実現リモコン

4月25日インスタライブでの気づき

※HTL(ハッピー理論研究所)のメンバーでないことをご了承ください。あくまで、公の発信からわたしが受け取った内容です。

●「いま」この瞬間を居心地よくする

●ただあるがままに、出てきた感情をみつめること。どんな感情も否定せずに許してあげること。

当時から変わらず言われている(と、わたしが受け取っている)ことが ライブの肝になっていて、すごく良いタイミングで聴くことができました。

『いま』しかない

過去を回想しようが、未来に思いを馳せようが、私がいる場所はいつも『いま』だけ。

過去に願ったことが叶っているのも『いま』

わたしが存在できるのは、いつでも『いま』だけなのです。

『いま』を心地よくする

『いま』が心地悪いと、外側(他人)に許可を求めに行く(=自分が留守になる。なるほど!)

→他人に認められても認められなくても、結局満たされない(もっと、もっと!)

→『いま(自分)』が心地悪い

→…負のループ

結局のところ「いま」を満たすことで「環境がどうであろうが、常にわたしは幸せでいられる」ということ。

夫婦の例として

疲れて家に帰ったときに奥さんに「もっと働け!」って言われたらもうかえりたくないよね?外に女の人を作ったりして、帰ってこなくなっちゃうよね?

つまり「奥さん=自分」で、いつも頑張っているのに「認めない、拒否」だと、家は居心地が悪いよね、という話をされていました。

「お疲れ様、頑張っているね」と自分に言ってあげることが大事。ちゃんと話を聞いてあげること。

非難したくなる気持ちも許す

この混乱期、様々な場面で、他者を否定したり批判・非難するのを目にすることがあると思います。

人はそれぞれ自分の立場でしか発信しないから、そこに議論が生まれる。

それに対して「なにか言ってやりたくなる」

今の状況に限らず「わざわざ言ってやりたくなる」ことってありませんか?

大抵のひとは「文句や非難は無意味」ということを知っている。(実際に、プラスなものを生まないのでくだらないことなのだけれど)

一方で「非難はよくない」とも思っている。

仮に、なにかを見てマイナスな感情が出てきたとして

「非難してはダメ」と湧き上がった感情に蓋をしたまま終わっては、非難したい自分を我慢している状態。非難はしなかったけれど、どこかモヤモヤしていつか同じことを繰り返す。

マイナスな感情が出てきたら「どうしてわざわざ言いたくなるんだろう」を考える。違和感を出しても良いと自分に許可を出すと、ちゃんと消化できる。

「口に出して」しまうと言霊となってしまうので、頭の中での対話や、次に書くノートでの整理ができるとすごく良いです。

ノートを書く意味

ライブでは、自分に潜るツールとして『ノート』の活用についても触れられていました。

ノートを書く目的は『居心地をよくするため』

わたし自身、ノートが習慣化できていなくて、きっかけに触れては 再開→離脱 を繰り返しています。^^;

ノートにこだわりすぎて本末転倒になってもいけないのだけれど、頭で考えられる量って本当に少ないし、湧き上がったことをとにかく留めておくには「書く」こと。ノートを習慣にしている人は、スピード感が全然違うと言います。

やっぱりノートに書くということは良いんだと思う。

起こること、感じること、ぜんぶ「マル」

わたしが大好きな言葉『世界は自分で創る』についていつか記事を書こうと思っていたのだけれど

とても良いタイミングでライブを視聴することができました。

よく言われている「自分を大切にすること」とは「自分のすべてに許可を出してあげること」だと思っています。

見たくない自分を見たとしても「そんな自分もあるよね」以上、終わり。

わたしもまだまだ練習中で、無意識にジャッヂしていることがたくさんあります。

いつも在る「自分の世界」一生かけて心地よいものにしたいものです。

.

今日もお読みいただき、ありがとうございました♡

.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+.。.:・゚+

応援クリックありがとうございます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ココロのこと
-, , ,

Copyright© 日日是好日 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.